治療が困難なヘルペスとどのように向き合っていけばいいのか

恥ずかしくない方法

the capsules

性行為をすると必ず付きまとう問題が性病です。性病は性行為が主たる感染経路の感染症です。性病になったらとにかく病院にいって薬を貰って大人しくするのが一番ですが、病院に行くのが恥ずかしいというのも事実です。また、普段は大丈夫で相手にも感染させることは無いけれで、体調を崩したときに症状が出るヘルペスは、薬を手元においておきたいというニーズがあります。ですが、わが国ではこれらに処方する薬を入手するには医師の処方箋が必要です。それ以外の入手方法として、個人輸入が行われています。個人輸入をすると正規のルートより費用が安くつく他、常備薬にできるメリットがあります。性病の中でも特にヘルペスウイルスに感染してしまった方の需要があります。

先述のように、ヘルペスウイルスに感染している方は特に個人輸入の恩恵を受けています。と言うのも、性器ヘルペスや水疱瘡などのヘルペスに一度感染すると、一旦治癒しても神経細胞の中で残党が生き残っていることがあります。普段は、周りに感染させることも自分がやられることもありません。しかし、疲労やストレスなどにより免疫力が低下すると、神経細胞内のヘルペスウイルスが悪事を働き、帯状疱疹などを発せさせます。慣れてくると、そろそろ発生するとか分かるのですが、実際に発症するまでは正規ルートで薬を貰うことができません。そのため、忙しい人で帯状疱疹などの癖のある人などが個人輸入で抗ヘルペスウイルス薬を購入しています。